幼児教育をすることによって早いうちから子供の能力を向上させることができますが、過度にやりすぎるのは良くないといわれています。 それは幼児教育をやりすぎることで、以下のような問題が出てくるからです。 ・子供がやらされていると感じてしまう ・遊べないことへのストレス 子供が好きでやるのであれば問題ありませんが、やりすぎると親にやらされていると思ってしまうため、そのことをするのが嫌になります。 例えば、英語の幼児教育の場合、最初は楽しく学ぶことができていても、親が過度に勉強させることによって、英語嫌いになるケースも珍しくありません。 これは、音楽やスポーツでも同じことがいえます。 親にやらされていると感じた時点で楽しさが消えてしまうので、成長もそこでストップしてしまうことが多いです。 また、子供はたくさん遊びたいと思っているため、幼児教育ばかりさせてしまうとストレスを溜めさせることになります。 ストレスによって体調を崩してしまったり、親への反発が強くなることもあるので注意してください。